【注意】ニセAmazonからセキュリティ警告が来た

ある理由で、すぐニセだとわかったからよかったよ

■まずは、このメールを見てほしい

これは、今日このオヤジブログ専用のメールアドレスに届いたメールだ。
内容は、「アマゾンに、別のデバイスからあなたのアカウントでサインインがありました。身に覚えがなかったらサインインして情報を更新してね」というものだ。

正直、一瞬ドキッとしたが、ある理由ですぐにニセメールだとわかった。
それは、アマゾンのアカウントは別のメールアドレスを使っているからだ。つまり、このアドレスに警告が届くのはあり得ない。

ググってみると、他の内容でも偽アマゾンメールが多発しているらしい。
・Amazonアカウントを利用制限しています。
・Amazonアカウントを閉鎖しました。
・あなたのアカウントは停止されました。
・Amazonアカウントを更新できませんでした。
どの内容もドキッとさせるので、ついすぐに対応したくなるものばかりだ。

■メールアドレスも偽装していた

オヤジは、まず差出人のメールアドレスを見た。
すると、ちゃんと「Amazon.co.jp」となっているではないか

しかし、アドレスのタップしてみると、こんなふうに表示された。

つまり、ユーザー名に「amazon.co.jp」を設定しているのだ。
これも信じてしまいそうになる。
なぜオヤジがレンタルしているロリポップのサーバー名が使われているのかはわからないので、運営に聞いてみようと思う。相当複雑な仕組みになっているようだ。

■アカウントやクレカの情報を盗むのが目的

これはアマゾンを装ったフィッシィング詐欺メールになる。この後どうなるのか。
もし、指示に従ってリンク先に進むと、まずサインインさせられて、アマゾンのアカウント名とパスワードが相手に渡り、登録情報は盗み放題になる。
クレジットカード情報を変更したら、クレカ情報がすべて抜き取られてしまう。
くわしくはわからないが、それだけ情報を取れればアマゾンだけでなく、いろいろな悪事ができるのではないかと思う。

■アマゾンのメッセージセンターで確認しよう

じつはオヤジも今回初めて知ったのだが、アマゾンのサイトでアマゾンが送信したメールの内容を見ることができるのだ。
なので、パニックになりそうなところを抑えて、URLは絶対にクリックせずに、メッセージが本物かを確認することが重要だ。ここになければ偽メール確定だ。
アマゾンのサイトにそのあたりが詳しく載っているので、一度見ておくといいだろう。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

■みなさんも気をつけて!

他にも最近よく聞く偽メールに、佐川急便やヤマト運輸などの宅配業者を装ったショートメールがある。オヤジにも5/29に来ている。

これは個人情報を流出させる不正なアプリをインストールさせられるものらしい。
詳しい内容と対処法は、国民生活生活センターのサイトで公開されているので参考にしてほしい。
http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201812_06.pdf

オヤジは「こんなのに自分は引っかかるわけない」と思っていたが、「え!!」と焦ったので、もしアマゾンに登録しているアドレスに来ていたら、慌てて反射的にクリックしていたかもしれない。
人の心理って、自分が思っているよりもろいものなのかもね。


今日も読んでくれて、ありがとう!