【バカラ】RAY9、3度目の換金&着金!

これでシステム代とGC代は完全回収完了だ

■累計出金額が22万3,000円になった!

2019年12月初めから開始したRAY9が、6/12に3回目の利確を迎えた
RAY9のシステム代が約10万円、資金のGC(ゲームチップ)代が約10万円だったので、回収が終わったことになる。これでLuc888がいつ飛んでチップが消えても損失はなくなった。

しかも、今入っている10万円分のチップも稼働を止めればいつでも換金できるので、実際は約10万円の利益が出ているのだ。
ただ、開始前は毎月6〜12万円の利益が出ると言われていたが、それはなかった。月で言うと3万円の利益になる。
月利30%は投資としては極上なのだが、1台の入金上限が10万円なのでちょっと物足りない。
5台10台と購入している人もいるが、システム代もその分必要になるので、開始前の詐欺かもしれないという不安の中では何百万円も出すことはできなかった。あ、ホントはそんなお金がなかっただけ笑。

↓60%の利益が出ると、自動的に利確停止して100万GC以外のGCがLuc888の口座に移動される。後は稼働ボタンを押せば次のターンが開始される。

↓Luc888の口座を確認すると、ちゃんと移動している。

■毎回、GCを買取業者に買い取ってもらう必要がある

換金で面倒くさいのは、GC買取業者に買い取ってもらわないといけないことだ。
Luc888はオンラインカジノではなく、e-sportsのゲームセンター扱いで現金を扱わないからだ。それが合法たる理由のようだが、詳しくはわからない。

GC買取仲介サイトは3社ぐらいあって、こんな感じで買い取り業者が集まっている。
残念なのは、この時点で60万GCだと6万円ではなく55,200円になることだ。ここでマイナス8%、1回目の換金時は4.5%だったのに。
今回、オヤジは80万GCを買い取ってもらったので、7万3,600円だ。
あとは、銀行振込手数料が引かれる。

次回でお詫び配布のGCが終わるので、その次からは着金額は5万ちょっとになる。
そこから損失補填のバーストガード代13,000円を出すと、残るのは2ヶ月で4万円ほどだ。
何もせずに月2万円は0円よりはいいけど、「わーい」と喜ぶほどではないなあ。

↓あの頃はよかった笑

■GCを騙し取られないシステムは安心

買取サイトが安心なのは、お金のやり取りをサイト運営が仲介してくれることだ。
買取を依頼すると、先に買取業者がサイトに入金する。
それをこんなふうにユーザーに知らせてくれるので、確認してからGCを送ればいいのだ。

■RAY9は今日も動いている

4回目のターンが開始された、ここからまた約2ヶ月の利確への道のりが続く。次は8月上旬かー。

■さて、着金したのはいくらか…?

買い取ってもらったのが6/12金曜日だったが、何と翌営業日の6月15日(月)に着金した!
着金したのは6万9,920円銀行振込手数料が3,680円かかっている。ま、これは仕方がないか。


今日も読んでくれて、ありがとう!