【BO】オヤジがバイナリー自動化にこだわる理由

なんでそんなにバイナリーの自動化にこだわるのかって?

■それは自動だから笑

オヤジが今やってるバイナリーはすべてautBinというツールで自動化しているのだが、自動化するメリットは大きく2つある。

1.メンタルの弱さをカバーできる
オヤジはメンタルが弱いので、このメリットが一番助かっている。

サインで手動エントリーすると、どうしても熱くなって取り返そうという気持ちからバカなエントリーをしてしまい、傷を広げてしまうのだ。そして残るのは後悔だけ。わかっていても繰り返してしまう。
自動化していると客観的に見られて取引中の画面を見ていても、「あ、負けたのね」と不思議に冷静になれるのだ。

2.利益機会の損失がない
バイナリー担当者を雇っているようなもので、放っておいても1日中エントリーしてくれるから、忙しくてバイナリーできなかった、ということはなくなる。
ただし、デメリットとしては、放置している間に損失を出すこともある。1/31の12連敗がそれに当たる↓。解決策は、いいサインツールを使うしかない。

■最近使ったツールなどを紹介

「autBin」
これがサインツールを自動化するための肝ツールになる。サインがバッファ式のインジケータ(このタイプが多い)は細かい設定が可能になる。最近アラートを拾う機能も追加されたが、細かい設定ができないのでもう一息かな。
autBinの利点は、買い切り19,800円で家庭内なら何台起動してもいい点だ。ただし、仕様上、1台のPCやVPSに複数のautBinを
設定することはできない。
なお、autBinはゴゴジャンで販売していたが、ゴゴジャンでは扱えなくなったそうだ。今、購入先を確認しているところなので、分かり次第掲載する。
<2/16追記>
今購入できるところは、ヤフオクだけだそうだ。検索してみてほしい。

「プレミアム雷神4」
オヤジは雷神に代表される大木氏のツールを使うことが多い。中でもプレミアム雷神4は信頼性が高い部類に入るがエントリー数は少ない。ドル円だけの自動売買ツールなのだが、1マーチンの勝率が高いので、先週からautBinで1マーチン設定で稼働している。プレミアム雷神4本体ではマーチン設定はできないのだ。

「麒麟」
プレミアム雷神4のバージョンアップ版で、5通貨ペアに対応した。しかしドル円以外の結果がよくなくて途中で通貨ペアの差し替えがあった。それでも資金は減っていって停止。

「麒麟転生」
大木氏グループの岡田氏とコラボして作られた自動売買ツールだった。大木氏の逆張りロジックに岡田氏の順張りロジックを入れたというので期待が大きかったが、2週間で35勝47敗、勝率42.6%と散々な結果だったので停止。

「マネーエンペラー」
Youtuberの西条氏が無料配布したサインツールで、自動化したらかなりよかったので、興奮して西条氏に「西条さんは神です!」みたいに送った。ところが翌日の動画で「じつはエンペラーは今夜24時で使えなくなります」と衝撃の放送。
とにかく使わせて買わせようとする西条氏のこのやり方はひどすぎる。信頼度ガタ落ちだ。神なんて送って損した笑。いいツールなので、普通に体験版として配布すればよかったのに。

「風神2疾風バージョン」
過去に大木氏からツールを買った人に2/5に無償配布される予定の自動売買ツールだ。
上位バージョンに烈風バージョンがあるが、そちらは差額が6万円必要。
大きな特徴は、サインではなく、決まった通貨ペアで決まった時間に決まった方向に自動エントリーするツールになる。いわゆるアノマリーでのエントリーだ。勝率は安定しているのでサインのように波とか相場に合わないというのは少ないのが期待できるところではある。

「裁量」
裁量もやってるじゃん!と言われそうだが、じつはこれ、やはりアノマリーをautBinで自動化しているのだ。アノマリーの具体的な内容は発見した知り合いから他言無用と言われているので裁量という表現にしていた。
ただ自動化にこだわると書いているのに裁量は矛盾しているので、ここまでは書いておくことにした。来週からはエントリー本数を多めに設定した。


今日も読んでくれて、ありがとう。